北海道・北照 秋季大会出場辞退へ 1年で計5件の不祥事を報告

[ 2016年8月31日 05:30 ]

 春夏通算で8度の甲子園出場を誇る強豪・北照(北海道)が秋季大会出場を辞退することが30日、分かった。

 同校によると、昨秋に北海道高野連から試合進行上のマナー改善の指導があり、8強入りした今夏の南北海道大会後にも、非公式ながら試合中の選手の態度などに対する改善要求が寄せられた。今夏以降も2件の不適切行為があり、この1年間で計5件の不祥事を北海道高野連に報告していた。

 事態を重くみた同校の小玉智校長が29日に活動を一度リセットして野球部の体質改善を図るべきと判断した。既に9月8日開幕の秋季北海道大会小樽支部予選の組み合わせ抽選を終えているが、この日部員に出場辞退を伝え、北海道高野連に届け出た。野球部は一定期間、活動を停止する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月31日のニュース