青木 3Aで安打 突然の降格も動じず「納得はできないけど…」

[ 2016年8月31日 05:30 ]

 マリナーズ傘下3Aタコマに降格した青木がチームに合流。フレズノ戦に「1番・左翼」で出場し、7回に中継ぎ左腕から左前打を放った。

 打撃好調の中での降格に「突然、監督室に呼ばれて、投手が必要なことを説明された。全く予想していなかった」と通告された状況を説明。「納得はできないけど、落とせるシステムだから仕方ない。(復帰まで)今の状態をキープすることと、確認作業だけです」と淡々と話した。(タコマ・小林由加通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月31日のニュース