イチロー 快音聞かれず途中交代 チームはメッツに敗れ4連敗

[ 2016年8月31日 11:22 ]

マーリンズのイチロー (AP)

ナ・リーグ マーリンズ4―7メッツ

(8月30日 ニューヨーク)
 マーリンズのイチロー外野手(42)は30日(日本時間31日)のメッツ戦に「6番・右翼」で先発出場し、3打数無安打に終った。

 イチローはメッツの先発・ルーゴとは初対戦。ルーキー右腕から投ゴロ、左飛、空振り三振と3打席連続で凡打に倒れると、6回の守備中にフランコアと交代した。打率はこれで2割9分5厘。

 試合は4―7でマーリンズが敗れて4連敗。先発のコーラーが6回途中、5回0/3を投げて5失点と崩れ、プレーオフ進出へ向けて痛い敗戦となった。イチローは6回にピンチを迎えたコーラーと同時交代だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月31日のニュース