楽天 6年ぶり1試合5発 梨田監督「喜んでもらえた」

[ 2016年8月18日 05:30 ]

<楽・ロ>2回無死、ウィーラーが先制ソロアーチを放ち、ナインに迎えられる

パ・リーグ 楽天10―5ロッテ

(8月17日 コボスタ宮城)
 楽天は10年以来6年ぶりの1試合5本塁打を記録し、14安打10得点で大勝した。

 2回に先頭ウィーラーが左翼席に先制の22号ソロを放ち、6回はアマダー、島内、今江と1イニング3発。7回は途中出場の聖沢にも本塁打が飛び出した。この日は「EAGLES GIRL DAY」と題し、女性来場者の先着1万2000人にピンク色の限定ユニホームを配布。梨田監督は「(5回終了時に)花火も上がったし、本塁打も花火みたいなもの。喜んでもらえたと思う」と目を細めた。

 ▼楽天・塩見(前日は初回、7球を投げて雨天ノーゲーム。スライド登板して6回2失点で6勝目)初めての経験だったけど、勝ててよかった。

 ▼楽天・アマダー(6回に3号2ランを放つなど来日初の3安打)6回は走者を還そうと思った。たまたま一発になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年8月18日のニュース