巨人 今村、自身初の2桁奪三振 緩急効果的「よく腕が振れていた」

[ 2016年8月18日 22:34 ]

セ・リーグ 巨人3―2中日

(8月18日 ナゴヤD)
 巨人の今村が6回2失点と粘り、チームの白星につなげた。自身初の2桁となる10三振を奪ったが「そういう(三振を取る)投手じゃないので」と控えめに喜んだ。

 140キロを超える速球に勢いがあり、110キロ台のスライダーとの緩急が効果的だった。1回以外は毎回走者を出しながらも3回の平田に許した2点右前打だけに抑えた。「よく腕が振れていたので、そこは良かった」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年8月18日のニュース