オリ山田 大谷にやられた「最悪の形になってしまった」

[ 2016年8月18日 05:30 ]

<日・オ>7回2死三塁、大谷に2ランを打たれた山田

パ・リーグ オリックス2―4日本ハム

(8月17日 札幌D)
 オリックスは福良監督の来季続投が正式発表された日に逆転負けを喫し3連敗となった。

 6回まで1点に抑えていた山田が7回1死二、三塁から杉谷に同点スクイズを決められると、続く大谷に勝ち越し2ランを浴びた。甘く入ったカーブを捉えられ「あの回は球が浮いていて修正できなかった。大谷のところは粘りきれず、最悪の形になってしまった」と肩を落とした。今季初めて100球(119球)を超えても続投させたことには、福良監督の親心もあった。それだけに指揮官も「7回は何とか頑張ってほしかった」と厳しかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年8月18日のニュース