聖光 “奇襲”成功 中堅・鈴木駿が先発し公式戦初完投

[ 2016年8月18日 05:30 ]

<東邦・聖光学院>帽子を飛ばして力投する聖光学院・鈴木駿

第98回全国高校野球選手権第11日・3回戦 聖光学院5―2東邦

(8月17日 甲子園)
 9回裏、2回戦で4点差逆転サヨナラを演じた東邦のアルプス席を発信源に、応援のタオルを振る輪が広がる。八戸学院光星をのんだ甲子園の魔物に、東北勢最後のとりでの聖光学院は屈しなかった。

 「不動心だろ。いつも通りやろう」。ナインは10年連続出場の間に培ったモットーを確認し合って最後の守備へ。背番号8の鈴木駿は「想定済みだし、むしろ淡々と投げた」と飛球3つを打たせ、試合を終えた。

 奇襲成功。試合前、斎藤智也監督は相手との力の差を認め「ばくち根性を持ちたい」と話した。打線は2回戦から先発を3人入れ替え、打順を5カ所変更。先発投手には地方大会から未登板の中堅手を立てた。胸元を突く投球が売りで、「勢いのある相手にストレスをかける」狙いがあった。

 鈴木駿は昨秋から外野手、投手の二刀流に挑んで一時はエース格に。守備力と打力を生かすため外野一本に戻り、公式戦登板は5月以来だった。「外野の送球が短くなったイメージ」で公式戦初完投。「人生で一番うれしい」と頬を緩めた。

 過去最高に並ぶ4度目の8強入り。斎藤監督は「白河関は福島にありますから、やっぱり(優勝旗を)獲りたい」と宣言した。 (池田 翔太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年8月18日のニュース