花咲徳栄 高橋昂温存裏目…3番手で5回1失点も、ビッグ3全員姿消す

[ 2016年8月18日 05:30 ]

<作新学院・花咲徳栄>作新学院・今井(1)らと健闘をたたえ合う花咲徳栄・高橋昴

第98回全国高校野球選手権第11日・3回戦 花咲徳栄2―6作新学院

(8月17日 甲子園)
 「頑張れよ」。花咲徳栄・高橋昂は整列後に今井と握手し、そうエールを送った。「全部出し切れて終われた。支えてくれた人たちに感謝したい」。涙はなかった。

 予想に反して先発は2年生の綱脇。岩井隆監督は「高橋の投球数や連戦を考えた」という。2回に綱脇が5失点すると、4回から3番手で登板。「なんとか流れを呼び込もうと思った」と腕を振った。5回1失点の好救援。ただ、打線の反撃は届かず2年連続8強入りは果たせなかった。

 横浜・藤平、履正社・寺島に続き、救援待機が裏目に出てビッグ3最後の一人も敗退。進路については「これから先生(岩井監督)と相談する」とした。9月上旬にもプロ志望届を提出するか判断する見通しで、「甲子園の経験を今後に生かす」と口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月18日のニュース