ダルビッシュ 8回途中9K2失点で4勝目!30歳初登板を白星で飾る

[ 2016年8月18日 12:18 ]

<レンジャーズ・アスレチックス>レンジャーズの先発・ダルビッシュ (AP)

ア・リーグ レンジャーズ6―2アスレチックス

(8月17日 アーリントン)
 レンジャーズのダルビッシュ投手(30)は17日(日本時間18日)のアスレチックス戦に先発。8回途中まで投げ、7回8安打9奪三振2失点で4勝目を挙げた。16日に30歳となってからの初登板を勝利で飾った。

 ダルビッシュはアスレチックス戦にキャリアでこれまで1勝8敗。そのデータ通り、初回にクリスプに先頭打者本塁打を許していきなり失点すると、5回にも先頭のスモリンスキーに一発。しかし、失点はこの2本のソロ本塁打のみだった。

 8回もマウンドに上がったダルビッシュだったが、先頭打者であるバレンシアに二塁打を浴び、ここでバニスター監督は2番手・ディークマンをコール。球数は99球だった。

 試合は6―2でレンジャーズが勝利。1―2の5回にデズモンドの2点適時打で逆転すると、7回には再びデズモンドと女房役のルクロイに適時打が飛び出し、ダルビッシュに白星をプレゼントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月18日のニュース