高山「パワプロ」デビュー ゲームですが…打力低すぎるんとちゃう?

[ 2016年4月12日 08:20 ]

阪神の高山

 阪神の高山俊外野手(22)が、コナミ「実況パワフルプロ野球2016」(4月28日発売予定)に登場することがわかった。同ゲームは開幕前に制作されており、打順も「6番・左翼」に設定されている。打力を示すミート力も「C」評価では少し低すぎない!?

 「査定チームとして新人王の最有力候補と目しており、期待を反映したデータ設定となっています。ゲーム内では打率3割を期待出来る設定です。高山選手の活躍がチーム順位に大きく影響を与える位置づけです」

 制作チームの関係者はこう説明した。しかし実際は開幕から全15試合に先発出場して打率・296を残している。8試合連続安打を継続中で、ドラフト制以降の阪神新人で史上初のシーズン2度の1試合4安打をマークするなど、予想設定を上回る活躍ぶりと言ってもいい。

 他には走力部門はトップクラスの「A」評価で、肩力も「B」。「走力は、広い守備範囲を持ち走塁面においても二桁盗塁を期待できる数値となります」

 しかし守備力は「E」。高山本人は小学生のころに同ゲームで遊んでいたというが、「(パワプロへの登場は)不思議な感覚ですね。守備はまだまだなんで。この通りだと思います」と謙虚。さらに「(走力は)ビックリです。評価に見合う選手になりたい」と喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月12日のニュース