東京五輪組織委 神宮問題で事情説明 ヤク、六大学、高野連に

[ 2016年4月12日 05:30 ]

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の佐藤広副事務総長は11日、20年7~9月の大会前後に使用中止を要望している神宮球場に本拠を置くヤクルトや、東京六大学野球連盟、東京都高野連に使用の目的など事情を説明した。

 同時期には公式戦が集中しており、関係者からは困惑の声が上がっている。組織委はメインスタジアムの新国立競技場に隣接する同球場を、機材置き場やボランティアの待機場所に想定。関係者は「できるだけ準備期間を短くしたい。影響が少なくなるよう、野球関係者と調整することになる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月12日のニュース