驚異のファン現る!1試合に5つのボールをキャッチ「実際は6球だ」

[ 2016年4月12日 09:16 ]

ファウルボールを取り合うファン (AP)

インターリーグ タイガース4―7パイレーツ

(4月11日 デトロイト)
 11日にタイガースがホームにパイレーツを迎えた一戦で、ファンが1試合でファウルボールを5つキャッチするという離れ業をやってのけた。

 タイガースファンだという39歳の男性はバックネット裏の席に位置し、打球がスタンドへと飛ぶたびに機敏に動いてファウルボールを手に入れた。この日は寒さもあり、観客席はまばら。このことも有利に働き、8回までに5つのボールをグラブに収めたという。

 これまで打撃練習を含め、球場で200球以上のボールをゲットしたと豪語する男性ファン。1試合4球が過去最高だったそうで、この日の5球は新記録達成となった。ただ、打撃練習でも1球手にしたそうで、「実際は6球だ」と笑顔で取材に応えていた。

 この日のボールはすべて周囲にいた子どものファンにプレゼントしたという男性ファンは、今後の目標について聞かれると、「まだホームランボールをキャッチしたことがないんだ」とコメント。今後は外野席でその姿が見られるかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月12日のニュース