巨人 左腕“緊急”補強 ハム乾を獲得、大累と交換トレード

[ 2016年4月12日 05:30 ]

交換トレードが成立した巨人の大累進内野手(左)と日本ハムの乾真大投手

 巨人の大累進内野手(25)と、日本ハムの乾真大投手(27)の交換トレードが11日、両球団から発表された。乾は背番号60となる予定。投手陣の整備を目指す巨人と、内野手強化を図りたい日本ハムの思惑が一致した。

 セ・リーグ首位の巨人が開幕から5球団との対戦が1巡したタイミングで、課題の投手力整備へ動いた。開幕3連勝を飾った翌日の3月28日、昨オフにヤクルトを戦力外になり、育成選手として契約した左腕ウーゴを、同じく育成契約だった長谷川とともに支配下登録。その際に堤辰佳GMは「左投手をきちんと整備しないと駄目」と話していたが、再びチーム強化への一手を打った。

 サウスポーの乾は、日本ハムで12年の36試合など通算67試合に救援登板した実績がある。9勝5敗1分けと好スタートを切りながら、沢村、田原誠が8試合、マシソン、山口、戸根も7試合に登板とリリーフ陣に負担がかかっているのが由伸巨人の現状。今村が先発に回ったことで、救援左腕は山口、戸根の2人と手薄になっており、先発もドラフト1位・桜井の右肘違和感による離脱という誤算があった。安定して勝ち進むには先発、救援両面の強化が欠かせず、内海、大竹、マイコラス、杉内らの1軍復帰を待つ中で、現状の最善の布陣を探ることになる。

 乾にとって巨人は12年に挙げたプロ1勝の相手。「チームは替わりますが、ファイターズで培ってきたことを胸に、新天地でも努力していきたい」と意気込んだ。

 ◆乾 真大(いぬい・まさひろ)1988年(昭63)12月8日、兵庫県生まれの27歳。東洋大姫路3年夏の甲子園で、準々決勝で田中(現ヤンキース)を擁する駒大苫小牧に敗退。東洋大を経て、10年ドラフト3位で日本ハムに入団。1メートル76、80キロ。左投げ左打ち。今季年俸1000万円。

 ◆大累 進(おおるい・すすむ)1990年(平2)8月31日、北海道生まれの25歳。駒大苫小牧では甲子園出場なし。道都大3年秋に首位打者。4年時に主将を務め38年ぶりに神宮大会に出場。12年ドラフト2位で巨人入団。1メートル75、73キロ。右投げ右打ち。今季年俸800万円。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月12日のニュース