DeNA今永 13日人生初聖地先発へ「自分が甲子園の“魔物”に」

[ 2016年4月12日 05:30 ]

 13日の今カード第2戦に先発するDeNA・今永が、ドラフト1位対決に闘志を燃やした。

 3度目の登板で初対戦する阪神打線について「高山が今の阪神の勢いの象徴」。駒大時代は14年の明治神宮大会決勝で明大・高山と対戦し、2打数1安打だった。新人王争いの好敵手にもなるが「僕はまだ1勝もしていないが向こうは3割近い打率。一歩も二歩も先を行っている」と、まずは初白星を目指す。甲子園は人生初。「自分が甲子園の“魔物”になれるように。相手にとって脅威になりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月12日のニュース