成瀬6回2失点で2勝目 ヤクルト、G倒で最下位脱出

[ 2016年4月12日 21:11 ]

<ヤ・巨>6回2失点で2勝目を挙げたヤクルト成瀬

セ・リーグ ヤクルト6―2巨人

(4月12日 神宮)
 ヤクルトは先発の成瀬が6回を5安打2失点と好投、打線もポレダを攻略し、首位・巨人に6―2で快勝。連敗を2で止め、阪神に敗れたDeNAを抜いて5位に浮上した。成瀬は今季2勝目(1敗)。

 ヤクルトは2回に2度の盗塁失敗でチャンスを逃したが、3回に2連続四球で1死一、二塁とし、比屋根の左前適時打で1点を先制。さらに1死満塁とポレダを攻め、山田の左前適時打、バレンティンの投ゴロ失でこの回計3点を奪った。

 さらに3―1の4回には1死二、三塁から捕逸で1点を追加。再び2点差とされた5回には無死一、二塁から雄平の左前適時打で1点を加え、8回にも1死二塁から川端の左前適時打で1点を挙げ、突き放した。

 巨人は4回1死から坂本の左越え2号ソロで2点差とし、再び3点を追う展開となった5回には1死満塁から長野の右犠飛で1点を返したものの、6回以降は走者を出しながらも無得点。ミスで献上した2点が重くのしかかった。先発のポレダは4回6安打4失点(自責2)で2敗目(1勝)。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月12日のニュース