桜宮 大阪桐蔭と練習試合 大敗も「試合をできただけで十分」

[ 2013年3月8日 17:41 ]

 バスケットボール部の男子生徒が顧問の体罰を受けた後に自殺した桜宮(大阪)の硬式野球部が対外試合解禁となった8日、選抜高校野球大会(22日開幕・甲子園)で史上初の甲子園大会3季連続制覇を狙う大阪桐蔭と大阪府大東市で練習試合を行った。

 自殺問題が発覚した後、部活動停止の期間もあって本格的に練習を再開したのは今月に入ってから。福原監督は「練習不足で(大阪桐蔭の)西谷監督に申し訳ない」と殊勝に話した。

 結果は序盤の大量失点が響き4―12で敗れたものの、選手は強豪相手に生き生きとプレー。指揮官は「試合をできただけで十分」―。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年3月8日のニュース