台湾、あと一歩及ばず…指揮官「いつか勝ちたい」

[ 2013年3月8日 23:58 ]

日本戦に先発した台湾・王建民

WBC2次R1組1回戦 台湾3-4日本

(3月8日 東京D)
 WBCでの日本戦初勝利は目前だった。7回を終えて台湾は2―0でリード。米大リーグ経験のある郭泓志らをつぎ込む得意の継投に持ち込んだ。

 しかし、8回に連打を許して同点とされてから流れが変わる。その裏にすぐ勝ち越したが、9回に再び同点とされ、延長10回に勝ち越し犠飛を許した。

 初めて進んだ2次ラウンドで謝長亨監督は「相手はより強くなる。最高の一面を見せたい」と意気込んでいた。その通りのプレーで日本をあと一歩まで追い詰めたが、最後は力尽きた。

 ▽台湾代表・謝長亨監督 選手は素晴らしいプレーをしてくれた。国際試合で日本の高いレベルに近づきたいと思っていた。尊敬する日本に勝つことこそできなかったが、重圧をかけられた。残念な結果だが、いつか勝つ日が来ることを願っている。反省から学びたい。

 ▽王建民(6回無失点)「制球を最重視して投げた。日本の打者は非常に粘り強く、苦労した。われわれはチームの一人一人が勝利のために全力を尽くした」

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月8日のニュース