勝率第1位投手賞は13勝以上に セ・パ表彰規定統一

[ 2013年3月8日 07:03 ]

プロ野球実行委員会

 今季からセ、パ両リーグの勝率1位投手を、「勝率第1位投手賞」としてそろって表彰することが決まった。

 昨季までセ・リーグでは、ベストナインに選ばれた投手が自動的に「最優秀投手」に。一方パ・リーグは、13勝以上を挙げた中で勝率No・1の投手を最優秀投手(最高勝率)としていた。今季からこの規定を両リーグで統一。それぞれ13勝以上で勝率1位の投手を、同一のタイトル名で表彰する。

 ▼実行委その他の決議、審議事項 (1)今年11月中旬にアジアシリーズを台湾で開催(2)日本野球機構(NPB)が国際野球連盟(IBAF)に準会員として加盟(3)早ければ14年シーズンから、交流戦を現行の24試合から18試合(3連戦6カード)に見直すようセ・リーグが提案。継続して審議(4)新BIS(プロ野球データベースシステム)の開発状況の確認。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース