福留 甲子園初安打がV打 さすがの勝負強さ、阪神4連勝

[ 2013年3月8日 06:00 ]

<神・ロ>6回無死一塁、阪神・福留が右中間に適時二塁打を放つ

オープン戦 阪神4―3ロッテ

(3月8日 甲子園)
 同点で迎えた6回無死一塁。阪神・福留がゴンザレスの初球、真ん中低めの直球を右中間二塁打にした。甲子園初安打が決勝打となり、チームをオープン戦4連勝に導いた。

 「出たというだけ。練習の時からいろんなことをやっていたので。感じは悪くなかった」。予兆はあった。1打席目は中飛、2打席目は一直に倒れたが、2打席とも芯を食っていた。「正面に飛ぶのは仕方がない。いい形のアウトであればね。この時期、何を求めるというわけではないので」。試合前のフリー打撃でバスターのように打つなど、ミート重視の打撃をしてからフルスイングへと移行。「自分の感覚の問題。まだ3週間あるので、実戦の中でしっかり切れを出していきたい」と開幕に向け着実に調整を積んでいく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース