ドミニカ 絶好調!白星発進!13安打9点でベネズエラを一蹴

[ 2013年3月8日 13:23 ]

WBC1次ラウンドC組 ドミニカ9―3ベネズエラ

(3月7日)
 第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のC組は7日に開幕し、ベネズエラと対戦したドミニカ共和国が、初回に3点を奪うなど終始主導権を握り、13安打を放ち、9―3で白星スタートとなった。

 大リーグとのオープン戦2試合で41安打23得点を記録した打線が好調。2回までに6本の長短打を集め5点を奪い、5回に本塁打で中押し、7回にはダメ押しの3点が入り試合を決めた。

 ベネズエラは二塁打3本などで中盤に2点差まで詰め寄ったが、投手陣が6四球を出し、それがことごとく得点に結びついてしまい、なすすべがなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース