松井 王建民攻略の糸口は「低めの変化球の見極め」

[ 2013年3月8日 06:00 ]

守備練習する松井(左)と鳥谷

WBC2次ラウンド1組1回戦 日本―台湾

(3月8日 東京D)
 松井(楽天)は王建民の攻略の糸口として「低めの変化球の見極め」を掲げた。

 チームで唯一のメジャー経験者ながら、対戦経験はない。それでも同じアジア人として身近に感じていた存在でもあり「ボールが速かったという印象が強い。低めの変化球の見極めも大事になると思う」。1次ラウンドは6打数無安打で腰に不安も抱えているが、フリー打撃では快音を連発。「試合に出たら全力でやる」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース