球児 侍先乗りスコアラーだ!米国―メキシコ戦観戦へ

[ 2013年3月8日 06:00 ]

傘下3Aチームの監督を打者役に、投球練習をするカブス・藤川

オープン戦 カブス2―3レンジャーズ

(3月6日 サプライズ)
 カブスの藤川が侍ジャパンの「先乗りスコアラー」になる。8日(日本時間9日)にアリゾナ州フェニックスで行われる1次ラウンドD組の米国―メキシコ戦を観戦することを明かした。

 WBCは06、09年と2大会連続で出場。キャンプ地のメサからは車で約30分の距離にあり「自分の出ていた大会だし、雰囲気を感じたい」と話す。自身の目で見た生の情報は侍ジャパンが決勝トーナメントに進出した場合、有益になるのは間違いない。

 藤川はこの日、午前8時からブルペン入り。9日(同10日)のインディアンス戦登板に向けて42球を投げ込んだ。シンカーをコースに投げ分ける制球力に、途中から左打席に立った傘下3Aアイオワのマーティ・ペビー監督は「ハラデーみたい」と、フィリーズのメジャー通算199勝右腕を引き合いに出して絶賛していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース