宮崎合宿中の女性問題 杉内に厳重注意と罰金、涌井の処分は検討中

[ 2013年3月8日 19:23 ]

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の杉内俊哉投手(巨人)と涌井秀章投手(西武)が8日、宮崎での日本代表合宿中の女性問題について週刊誌に報じられた。巨人は8日までに杉内に厳重注意と罰金を科した。

 西武は涌井を口頭注意とし、WBC終了後に本人から事情を聴き、処分を含めた対応を検討する方針。西武によると、球団幹部が日本代表の山本監督に電話で謝罪したという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース