オリックス 6連敗 T―岡田 23打席目で“初安打”

[ 2013年3月8日 16:11 ]

森脇監督は坂井球審に(右)に選手交代を告げる

オープン戦 オリックス4―7西武

(3月8日 京セラD)
 オリックスがオープン戦白星なしの6連敗となった。

 4点を追う6回に後藤の適時打などで2点差にし、8回にも1点を入れて追い上げたが、9回に古巣復帰の平井がつかまり2失点し、万事休すとなった。

 7日までオープン戦19打席無安打だったT―岡田は3打席目まで快音が聞かれなかったが、8回の4打席目に左翼線二塁打を放ち、23打席目にしてオープン戦初安打を記録。「出ないよりは出た方がいい。自分のタイミングで自分のスイングができた」と語っており、これをきっかけに調子を上げていきたいところだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース