オリ・馬原 右腕に脱力感 診断結果は8日発表も開幕微妙に

[ 2013年3月8日 06:00 ]

 オリックスの新守護神候補だった馬原孝浩投手(31)が7日、右腕の不調を訴えて神戸市内の病院で検査を受けた。

 診断結果については、8日にも発表されるが、開幕に間に合わない可能性が高くなった。野間1軍チーフトレーナーは「右の肩から腕にかけて違和感みたいな、脱力感がある」と説明した。昨年2月に手術を受けた右肩の影響については同トレーナーは否定したが、予断を許さない状況だ。馬原は5日のヤクルト戦で9回に登板したが緊急降板。体の張りを訴え、前日6日は完全休養日に当てられたが、症状が改善しなかった。森脇オリックスにまた一つ、大きな不安要素が増えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース