メキシコ 9安打も打線つながらず ド軍に大敗

[ 2013年3月8日 06:00 ]

練習試合 メキシコ2―10ドジャース

(3月6日 グレンデール)
 メキシコは不安の残る敗戦となった。

 打線は9安打を放ちながらもつながりを欠き、4、8回に1点ずつを奪うのがやっと。前日も1得点に終わっており、課題が浮き彫りとなった。投手陣も主力級の登板はなかったが、7人で計10失点。それでもリック・レンテリア監督が「彼にはチームをまとめる力がある」と認めるA・ゴンザレス(ドジャース)を中心に、7日(日本時間8日)の初戦でイタリアと対戦する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース