内川 台湾戦スタメン復帰へ 腰違和感も前日練習問題なし

[ 2013年3月8日 06:00 ]

打撃練習をする内川

WBC2次ラウンド1組1回戦 日本―台湾

(3月8日 東京D)
 腰に違和感を訴え、6日のキューバ戦を欠場した内川(ソフトバンク)がスタメン復帰する。

 シートノックでは右翼の守備に就き、元気に動き回った。「あす出場するために休ませてもらった。ベンチでしか見られない悔しさも、負ける悔しさも経験した。それをぶつけたい」と意気込んだ。侍ジャパンの実戦8試合で、28打数11安打の打率・393と好調な安打製造器。山本監督も「きょうの動きを見て、何の問題もありません」と3番打者の復帰を喜んだ。相手右腕・王建民について内川は「140キロを超えるシンカーを投げたり、見たことがないタイプ。まだどうしていこうか迷っています」と対策に頭を巡らせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース