広島・大竹 3回無失点もスタミナに不安 最後にピンチ招く

[ 2013年3月8日 06:00 ]

<広・ヤ>ヤクルト打線相手に3回を1安打無失点の広島・大竹

オープン戦 広島3-0ヤクルト

(3月7日 マツダ)
 先発ローテーションを担う広島・大竹が3回を1安打無失点。速球は145キロを記録し「スピードが出る分にはうれしい」と相好を崩した。

 ただ、3回は安打や四球などで2死満塁のピンチを招くなど、スタミナ面で課題も残した。「練習では(多い球数を)投げられても試合では力が入る。投げながらスタミナを付けていきたい」と開幕を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年3月8日のニュース