オランダ 粘りの5併殺!ミューレン監督 マークウェルに感謝

[ 2013年3月8日 18:14 ]

キューバに勝利し、ジャンプするオランダのバレンティン(右)らオランダナイン

WBC2次ラウンド1組1回戦 オランダ6―2キューバ

(3月8日 東京D)
 オランダは先発マークウェルが9安打を許しながらも、6回を本塁打による1点に抑えた。好守にも助けられ5併殺。「自分の球と守備を信じていた」と喜んだ。

 左腕は1次ラウンドでも韓国を4回無得点に抑えて勝利投手になった。相次ぐ好投に元ヤクルトのミューレン監督は「彼のおかげでここ(勝利チームの記者会見)にいると言っていい」とたたえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース