オランダ 14安打でキューバに快勝!相性はやはり良かった!

[ 2013年3月8日 15:47 ]

キューバに勝利し、ジャンプするオランダのバレンティン(右)らオランダナイン

WBC2次ラウンド1組1回戦 オランダ6―2キューバ

(3月8日 東京D)
 第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド1組1回戦が8日、東京ドームで行われ、1次ラウンドB組2位のオランダが同A組1位のキューバに6―2で快勝した。

 オランダは2回に6番スミスの左越え本塁打などで2点を奪うと、6回には2番スコープが3点本塁打を放ち、8回にもスコープが適時二塁打でこの日4打点目を挙げ試合を決めた。

 キューバは12安打も得点はソロ本塁打2本による2点のみ。7回まで毎回安打を記録しながら拙攻が相次ぎ、投手陣が踏ん張りきれなかった。

 オランダは初優勝を飾った2011年のワールドカップ(W杯)の決勝でキューバに2―1と競り勝ち、WBCでの勝利でキューバに3戦3勝となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース