オランダ主砲ジョーンズ “同僚”マー君にエール

[ 2013年3月8日 06:00 ]

フリー打撃で豪快な打球を放つオランダ代表のジョーンズ(左)を見つめるミューレン監督(中央)、バレンティン

WBC2次ラウンド1組1回戦 オランダ―キューバ

(3月8日 東京D)
 オランダ主砲のジョーンズが、楽天でチームメートの田中にエールを送った。

 「きのうの試合は見ていないが、多少苦しんでいるのは聞いている。シーズンのためにも調子を上げてもらわないと困るし、対戦すればいい試合がしたい」。1次ラウンドでは打率・429。フリー打撃でも看板直撃弾を放つなど好調を維持している。もう一人の主砲バレンティン(ヤクルト)は「日本選手や球場の情報は、みんなに伝えてある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月8日のニュース