盗塁王・大島ドーンと3倍!井端は1億9千万でサイン

[ 2012年12月5日 17:32 ]

契約更改後、笑顔で記者会見する中日の大島洋平外野手

 中日の井端弘和内野手と大島洋平外野手が5日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、井端は2千万円増の年俸1億9千万円、大島は今季の3倍となる7500万円プラス出来高払いでサインした。井端は来季が5年契約(年俸変動制)の5年目となる。

 遊撃に守備位置が戻った井端は140試合に出場。安定した守備に加え、打撃でも昨年の数字を上回った。「二塁の時はもやもやして野球をやっていたが、それが解消できた」と話した。

 大島は全144試合に出場し、盗塁王に輝くなど攻守で大きな飛躍を遂げた。「思っていた以上に多い金額だった。来季はフルイニング出場したい」と抱負を語った。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース