中島代理人 負傷者続出のヤ軍に提言「獲得候補に入れるべき」

[ 2012年12月5日 06:00 ]

代理人がヤンキースに売り込みをかける考えを示した中島

 西武からFA宣言した中島の代理人を務めるグレグ・ゲンスキー氏が、因縁のヤンキースに売り込みをかける考えを示した。ヤ軍主砲で三塁手のロドリゲスが左股関節の手術を受けることが決まり、全治4~6カ月。地元メディアが「中島を獲得候補に入れるべき」と報じたことに「そうするべきだ。中島はいろんなことができる選手。きっとヤンキースの助けになる」と話した。

 ヤ軍は昨オフ、ポスティング移籍を目指した中島の交渉権を獲得しながら破談した経緯があるが、遊撃手のジーターも開幕が微妙で、三塁と遊撃を守れる選手の獲得が急務。アスレチックスとダイヤモンドバックスも中島を獲得候補に入れており、争奪戦の様相を呈してきた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース