最優秀指名打者賞にバトラー オルティスは受賞逃す

[ 2012年12月5日 11:13 ]

 米大リーグは4日、最優秀指名打者賞にロイヤルズのバトラーが選ばれたと発表した。

 前年3位だったバトラーは今季161試合に出場し、打率3割1分3厘、29本塁打、107打点で初受賞となった。各球団の担当記者らによる投票で決まり、満票84のうち1位票80を獲得した。

 2位はブルージェイズのエンカーナシオンだった。最多6度受賞のオルティス(レッドソックス)は右アキレスけんの故障が響き、受賞を逃した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース