福留 メジャー最優先も…オファーなしなら国内球団と本格交渉へ

[ 2012年12月5日 06:00 ]

中日・森野(右)と話をする福留

 前ヤンキース傘下3Aスクラントンの福留孝介外野手(35)が4日、中日・山崎武司主催のゴルフコンペに参加。ウインターミーティング明けの8日にも、まずは日本かメジャーかの結論を出すことを明らかにした。「周りの方に迷惑が掛からないように、その範囲内でやれたらと思います」。

 福留は11月28日に阪神、翌29日にDeNAと極秘交渉。現時点ではメジャーを最優先としているが、ウインターミーティング終了を一つの区切りとして、オファーがなければ国内球団との交渉を本格的にシフトすることになる。

 また、阪神については「凄く一生懸命来ていただいているのが伝わってきました」と好印象を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月5日のニュース