マー君「勇人がショートで僕がマウンドにいたらと考えると凄い」

[ 2012年12月5日 06:00 ]

母校・昆陽里小学校にボールなどを寄贈した楽天・田中は在校生の前でボールを投げる

 楽天・田中はこの日地元の兵庫県伊丹市にある母校・昆陽里小学校を訪問。児童とゲームなどで触れ合った。同校では巨人・坂本と同級生。少年野球チームでは田中が捕手、坂本が投手でバッテリーを組んでいただけに「(WBCで坂本)勇人がショートで、僕がマウンドにいたらと考えると凄いと思う」と笑顔。

 伊丹市内のデパートで行われたトークショーでは「来年は(WBC)世界一と(シーズン)日本一を目標に責任を持ってやっていきたい」と意気込みを語った。夜は同市内のホテルで地元の後援会が主催した「激励会」にも出席するなど大忙しだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース