涌井、2億2千万円で更改 球団提示の2年契約は辞退

[ 2012年12月5日 19:16 ]

 西武の涌井秀章投手は5日、西武ドームで契約更改交渉を行い、1千万円増となる年俸2億2千万円プラス出来高払いでサインした。順調なら来季中に国内フリーエージェント(FA)資格の取得条件を満たすため、球団は総額5億円を超す2年契約を提示。これを辞退した涌井は「最近、先発として結果を残せていない。来年は勝負の年ということで単年契約にした」と語った。

 今季は5年連続で開幕投手を務めたが、3連敗し2軍落ち。5月から抑えとなり、30セーブを挙げた。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表候補にも入った右腕は「(救援もできる)便利屋としてアピールしたい。メジャーリーガーがいないから負けた、と言われたくない」と意欲を語った。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース