東浜らが入団会見「新人王を取れるように頑張る」

[ 2012年12月5日 18:40 ]

ソフトバンクの新人選手入団記者会見で、秋山監督を中心にポーズをとる(手前から時計回りに)東浜巨投手、伊藤祐介投手、山中浩史投手、笠原大芽投手、真砂勇介外野手、高田知季内野手

 ソフトバンクは5日、福岡市内のホテルで新人6選手の入団記者会見を行い、ドラフト1位の東浜巨投手(亜大)は「1年目からローテーションに入り、新人王を取れるように頑張る」と決意を語った。

 上位に即戦力が期待される選手がそろった。2位の伊藤祐介投手(東北学院大)は、目標に開幕1軍を挙げ「勝てる投手は点を取られない」と防御率にこだわりを見せた。3位の高田知季内野手(亜大)も「守備、走力には自信がある」と話した。新入団選手は次の通り。

 ドラフト1位 東浜巨投手(22)=亜大、181センチ、80キロ、右投げ右打ち、背番号16▽2位 伊藤祐介投手(22)=東北学院大、176センチ、75キロ、左投げ左打ち、背番号49▽3位 高田知季内野手(22)=亜大、175センチ、72キロ、右投げ左打ち、背番号0▽4位 真砂勇介外野手(18)=京都・西城陽高、184センチ、80キロ、右投げ右打ち、背番号64▽5位 笠原大芽投手(17)=福岡工大城東高、186センチ、75キロ、左投げ右打ち、背番号63▽6位 山中浩史投手(27)=ホンダ熊本、175センチ、80キロ、右投げ右打ち、背番号39

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース