おかわりがリハビリ開始 来季開幕は「考えていない」 

[ 2012年12月5日 06:00 ]

 2年連続で本塁打王を獲得した西武・中村が10月に左膝手術を受けて以降、初めて西武第2球場に隣接する室内練習場でリハビリを行った。損傷していたじん帯と半月板を修復し、歩けるようになって2週間ほどという。

 歩くだけなら痛みはないというが、中村は「移植した部分がちゃんとなるまで無理できない。一歩ずつというか、半歩ずつという感じ」と慎重に話した。年内はリハビリに専念する見通しで、来季開幕戦には「考えていない」とし、間に合わない可能性が高い。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース