大谷は162キロ出せる!栗山監督「全て来てくれれば、の話」

[ 2012年12月5日 06:00 ]

「大谷には日本のエースになってほしい」と語る日本ハム・栗山監督

 日本ハム・栗山監督がドラフト1位指名し、入団が確実な大谷(花巻東)に早くもジャパンのエース指令を出した。この日はWBCの侍ジャパン候補選手の発表があり「今年は(大谷は)選ばれないんだよね?」と冗談を飛ばしつつ「4年後(17年予定の次回大会)は間違いなく日本のエースになってほしい」と話した。

 3日に岩手県奥州市内で大谷と入団交渉を行った指揮官。最速160キロ右腕について「まだ体が出来上がっていないからまだ伸びると思う」と元巨人・クルーンが計測した日本最速の162キロ超えの可能性にも言及した。「全て来てくれれば、の話。でもその妄想はするよね。最近は紫のものしか身に着けられなくなってきたし」と笑い、この日も花巻東のスクールカラーでもある紫のマフラーと紫のカバンで決め、吉報を待ちわびた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース