ビクトリノがRソックスと合意 Wミーティング第2日

[ 2012年12月5日 10:10 ]

 米大リーグの関係者が一堂に会するウインターミーティング第2日は4日、テネシー州ナッシュビルで開かれ、ドジャースからフリーエージェント(FA)となったビクトリノ外野手がレッドソックスと3年契約で合意したと米メディアが伝えた。AP通信によると総額3900万ドル(約32億円)。

 ビクトリノはゴールドグラブ賞3度の俊足外野手で今季は39盗塁。ア・リーグ東地区最下位のレッドソックスは3日に強打のナポリ捕手と3年契約で合意しており、巻き返しを期し補強を進めている。

 またエンゼルスからFAとなったハレン投手がナショナルズと1年1300万ドル(約10億7千万円)で合意したと大リーグ公式サイトなどが伝えた。ハレンは8年連続2桁勝利の右腕。

 メッツは合意に達していたライト内野手との契約延長を発表した。AP通信によると2020年までの8年の総額は1億3800万ドル(約113億2千万円)。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース