小久保氏 引退真相打ち明けた「統一球で打球が飛ばなくなった」

[ 2012年12月5日 06:00 ]

スポニチプラザでトークショーを行った小久保氏(左)

 今季限りで現役引退したソフトバンクの小久保裕紀氏(41)が4日、大阪市中央区の「スポニチプラザ大阪」で始まった「栄光のホークス展」初日にゲスト出演し、トークショーを行った。大阪でも小久保氏の人気を表すように開始1時間前から行列ができ、会場には立ち見も。「統一球で打球が飛ばなくなった。最近2年間で10、4本塁打ですからね。飛ぶボールのままだったら、引退しなかったかも」との裏話にタメ息が漏れた。

 来年からは評論家として第二の野球人生がスタート。「順位予想が難しい。パ・リーグはソフトバンクで迷わないけど、セがね。大阪で話すときは、阪神が優勝かな」と優等生発言だった。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース