斎藤は大リーグ希望 代理人「できる限り米国で見つけたい」

[ 2012年12月5日 13:04 ]

ウインターミーティング

(12月4日 テネシー州ナッシュビル)
 ダイヤモンドバックスからFAとなった斎藤の代理人バレロ氏は「斎藤は米国でのプレーを望んでいるが、日本復帰の選択肢も排除していない」と広く所属先を探す構えを示した。

 42歳の斎藤は今季、故障が重なって16試合の登板にとどまった。バレロ氏は「残念なシーズンだが、最後にいい兆候があった。できる限り米国で所属先を見つけたい」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース