5年連続50試合登板 宮西は1億2千万円でサイン

[ 2012年12月5日 16:32 ]

 日本ハムの宮西尚生投手が5日、札幌市内の球団事務所で3千万円増の年俸1億2千万円で契約更改した。

 新人から中継ぎとして5年連続で50試合以上に登板。今季は自己最多の66試合に投げた左腕は「入団したときに自分が(1億円の)大台を超える選手になるとは、これっぽっちも思っていなかった」と笑顔をのぞかせた。シーズン終了後、栗山監督から「来年も頼むぞと言われた」そうで「抑えて当たり前の気持ちでいてもらえるようにしたい」と活躍を誓った。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース