柳賢振は日本でプレーも?ドジャースと交渉も…

[ 2012年12月5日 10:18 ]

ウインターミーティング

(12月4日 テネシー州ナッシュビル)
 韓国プロ野球ハンファからポスティングシステム(入札制度)で大リーグ移籍を目指す柳賢振の代理人ボラス氏は、独占交渉権のあるドジャースとの交渉が期限の9日までにまとまらない場合、柳が日本でプレーする可能性があるとの私見を語った。双方の要求額には隔たりがあるという。4日、ロサンゼルス・タイムズ(電子版)が報じた。

 ボラス氏は今季レッドソックスでプレーした松坂の代理人も務めており、松坂が2007年のシーズン前に結んだ6年総額5200万ドルに近い額を求めているという。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース