アスレチックス 中島側と交渉も「内容は話せない」

[ 2012年12月5日 12:49 ]

 米大リーグのアスレチックスが4日、ウインターミーティングが開かれているテネシー州ナッシュビルで西武からフリーエージェント(FA)宣言した中島裕之内野手の代理人と交渉を行った。ビーン・ゼネラルマネジャーは交渉の事実を認め「内容については話せない」と慎重に語った。

 アスレチックスは遊撃手のドルーがFAで他球団に移籍する可能性があり、メルビン監督も「球団で話し合っている」と積極的な姿勢を見せている。

 三塁手として中島に興味を示すダイヤモンドバックスは、このオフに球団施設を訪問した中島と面会し、映像も確認しているギブソン監督が「スイングの軌道が従来の日本選手よりも米国的で好きだ。守備面も堅実だ」と評価。ワールドシリーズ覇者ジャイアンツも関心を示しており、ボウチー監督は「少しだけ(映像で)見た。非常にいい選手だ。駐日のスカウトからもいい報告を受けている」と語った。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月5日のニュース