秋田商・阿部 納得の1失点救援「自分の特長は出せた」

[ 2012年8月18日 21:16 ]

第94回全国高校野球選手権大会3回戦 秋田商1―5倉敷商

(8月18日 甲子園)
 4回途中からマウンドに上がった秋田商の阿部は、経験のないナイターの雰囲気に戸惑いながらも、落ち着いた投球で1失点。「(粘り強く投げる)自分の特長は出せた」と納得の表情で話した。

 8回には3者連続奪三振。「攻撃につなげるために流れを変えたい」と味方に託すような気持ちで力投したが、願いはかなわなかった。それでも背番号10は「誰もが立ちたいと思う場所で投げられて、幸せだった」と喜びをかみしめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース