対策は?前日の後藤に続き…小林太、脱水症状で降板

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<中・De>6回、逆転され渋い表情のDeNA・中畑監督(右)

セ・リーグ DeNA3-4中日

(8月17日 ナゴヤD)
 DeNA先発・小林太が逆転を許した直後の6回2死二塁で、脱水症状による右手人さし指の痙攣(けいれん)で降板した。前日は打撃好調の後藤が同じ脱水症状で左足の痙攣のため途中交代。

 連日のアクシデントに、友利投手コーチは「高崎も以前に同じことがあったし、投手も野手もコンディショニングコーチと対策を相談しないと」。チームは逆転負けでナゴヤドームで昨季から10連敗。中畑監督は「小林太は防げる失点が多々あった。もったいない」と嘆いた。

 ▼DeNA・高城(2回に18打席目で待望のプロ初安打)初回に悪送球していたので、とにかく打たないといけないと思っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース