拙守のマートン 関川コーチに逆ギレ 登録抹消へ

[ 2012年8月18日 06:00 ]

3回無死二、三塁、代打・川本の打球をマートンが捕れず転倒し、2点適時二塁打となる

セ・リーグ 阪神9-7ヤクルト

(8月17日 神宮)
 阪神のマートンがまたトラブルを起こした。4時間近い乱戦を制した試合後。ベンチ裏で行われたコーチ陣と野手陣の緊急ミーティング中に「事件」は起きた。関川外野守備走塁コーチにマートンが詰め寄る。何人かが仲裁に入るほど一触即発の空気に包まれた。

 詳しいやりとりは分からないが、3回の守備を関川コーチにしっ責されたマートンが逆ギレしたとみられる。5点リードした3回は無死二、三塁から川本のライナーを捕球できず適時二塁打にすると、続く山田の浅い飛球にスライディングキャッチを試みたが、左足で蹴ってしまい、またしても二塁打に。この直後に交代を命じられた。

 今季のマートンは再三、トラブルを引き起こしている。6月9日オリックス戦(甲子園)では緩慢な守備を注意され、試合後に報道陣の前で「アイ・ドント・ライク・能見サン」と発言。同22日DeNA戦(同)ではイニング間のキャッチボールでカメラマン席に投げ入れる事件もあった。

 18日、阪神はマートンの出場選手登録を抹消する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース