成瀬 守乱に足引っ張られた「何と言ったらいいのか…」

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<日・ロ>4回2死一、二塁、荻野貴の失策と悪送球で生還した一走・中田の横で、ロッテ・成瀬はぼう然

パ・リーグ ロッテ1-2日本ハム

(8月17日 札幌D)
 打線の援護に恵まれず、味方守備にも足を引っ張られたロッテ・成瀬が6敗目を喫した。

 4回の荻野貴の落球と悪送球による2失点以外は、7回まで5安打と要所を締めたが「何と言ったらいいのか…。いい投球をしても勝てない。これも野球」と言葉をのみ込んだ。最近3試合連続で守備の乱れから失点しているだけに、西村監督も「成瀬は打たれたわけでない。打線にもう少し頑張ってもらわないと」とエースをかばっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース